泣いた赤鬼 - 浜田広助記念館 -

~ 地元のご案内 ~.

【泣いた赤おに 】

-高畠出身の童話作家・浜田広介-

こころのやさしいおにのうちです

どなたでもおいでください

おいしいおかしがございます

おちゃもわかしてございます

2月3日

「鬼は外、福は内」と声を出しながら豆を撒いて、

年齢の数だけ豆を食べるのが習わしの『節分』

『季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、

それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。』というのが由来だそう。

昔から「おっかない悪い奴」

とレッテルを張られている鬼ですが、

そんな鬼のイメージを変えてくれる童話が

この『泣いた赤おに』

悲しいくらいに優しく、温かい、心に残る物語です。

そんな素敵な童話作家さん

-浜田広介さん-の出身が

南陽市のおとなり「高畠町」

当店から車で20分ほどの場所に

『浜田広介記念館』があります。

(〒992-0334 山形県東置賜郡高畠町一本柳2110)

記念館の入り口で目に留まるのは、

全国から集まった個性豊かな小石たちのお出迎え。

ゆったりした空気に、懐かしさ漂う、

雰囲気の良い場所です。

近くにいらした際には、立ち寄ってみてくださいね。

明日2月4日は立春。

季節の変わり目、みなさまくれぐれもご自愛ください☺

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon

レストラン味処四季彩・渡部鯉店 公式

resutaurant sikisai - watanabekoiten  created with Wix.com